キッチン ガス台下

キッチンには、さまざまな道具や小物・食品などがありますが、厳選した最小限のものを選び、よく使う物は何かという使用頻度を考えて、使いやすい場所に置く事が大切です。

ガス台下に収納するもの
フライパン・鍋・中華鍋、お玉・フライ返し・味噌漉し、オイルポット等、火のそばで使う物を収納します。

キッチンツール
ラップやホイルなどの空き箱をカットして、扉の裏側に両面テープ等で貼り付けます。お玉・フライ返し・味噌漉しなど、ガス台近くにあると便利なキッチンツールを差し込んでおきましょう。扉を開けるだけで、サッと取り出せます。鍋つかみも扉裏に吊り下げておいても良いでしょう。

フライパン
取り出してすぐに火にかけるフライパンや中華鍋は、ガス台のすぐ下に収納します。中華鍋、大小フライパンや玉子焼きまで、重ねず収納できるフライパンラックなら、場所をとらず、出すのも仕舞うのもワンタッチで簡単です。重い順に下から収納します。スチール製やステンレス製があり、横にU字フックをつけて蓋を掛ける場所にしてもよいです。

調味料
ビン入りの調味料は重いので、大きすぎない容器に入れるのが良いでしょう。書類ケースなどを利用して、みりん・酒・ポン酢など、縦一列に収納します。

油類
サラダ油や胡麻油、オイルポットなど、今使っている油は、油が垂れて床が汚れないように、ステンレスのバッドの上に並べて手前に置きます。
調味料や油のストックは、奥にしまいますが、ガス台下は熱がこもりやすいので、劣化させないため、たくさんは置かないようにしましょう。

This entry was posted on 火曜日, 10月 23rd, 2018 at 2:47 PM and is filed under 家づくり. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.