平屋住宅

平屋住宅には魅力がたくさんあります。老若男女問わず暮らしやすい家だと言っても過言ではないのです。平屋住宅の最大の特徴は階段がないことです。階段がないというだけで得られる魅力が多いのです。まず安全性です。住宅内の事故で多いのが、階段での転倒や落下事故です。平屋住宅は、階段がないためこれらの危険性がありません。

また、階段を設けることで階段の下にはデッドスペースが生まれます。このデッドスペースを上手に活用しないと住宅への不満に繋がります。しかし、平屋住宅には階段がないのでデッドスペースを生むこともありません。階段がないのでその分間取りをコンパクトにすることもできますし、収納を増やすこともできるのです。空間を最大限に有効活用しやすい住まいと言えます。

また、部屋から部屋への移動に階段を挟みません。動線がコンパクトになるだけでなく、高齢者にとっては体に負担をかけることなく住宅内の移動ができるのです。住宅内の移動のしやすさは暮らしやすさにも繋がるのです。掃除の際も掃除機を抱えて階段を上り下りする手間もかからず効率よく掃除を行うことができます。ワンフロアなので家で孤立する場所がなく、互いの気配を身近に感じられ、また自然とリビングに家族が集まりやすくもなるのです。

小さい子どものいる家庭では子どもの様子に目が届きやすいため家事と育児の両立もしやすいのです。親としては安心できます。また、二階建てに比べて高さが低いということもあり、構造的に強く、台風や地震の際には危険が少ないとも言えます。魅力の多い平屋住宅が見直されているのも納得できるのではないでしょうか。

This entry was posted on 水曜日, 3月 14th, 2018 at 2:16 PM and is filed under 家づくり. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.