造り付け家具

家造りを進める際には、新居で使用する家具においても同時に計画をしましょう。最近では生活する上で欠かせない家具を建物に造り付けるという家庭も少なくありません。造り付け家具の魅力は、空間を最大限に有効活用できることです。隙間を生まず床から天井まで利用することができるので収納力をアップさせることができますし、デッドスペースを生まないことでお掃除のしやすさも高まります。

またスペースにスッポリと家具を収められていることで見た目もスッキリで室内全体の統一感が高まります。また、自分好みの素材や色味、仕様に仕上げることができます。そうすることで家具への愛着も高まりますし、家具の使いやすさを高めることにも繋がります。手持ち家具との調和を合わせたデザインにすることもできるため家具が空間に馴染み違和感を与えることもないのです。

地震対策として家具を造り付ける人も増えています。動かせない造り付け家具は、地震の際でも倒れてこないということになります。大地震の際、家具の下敷きとなって命を落としてしまうこともあるだけに、家具の倒れ込みがないことで住まいの安全性を高めることにも繋がるのです。日本は特に地震大国でもあるだけに地震に対する備えは必須です。特に高さのある家具に関しては作りこんで、倒れ込む心配がないようにしておくのもいいでしょう。しかし、使用する素材やこだわった仕様にすることで非常に高額の家具となってしまうこともあります。予算に合わせて家具を取り入れるということも大事なのです。

This entry was posted on 木曜日, 1月 11th, 2018 at 2:38 PM and is filed under 家づくり. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.