お気に入りニッチ

壁の厚みを利用して飾り棚を設けたり、収納スペースを確保するニッチが人気を高めています。このニッチが人気を高めているのは、スペースに余裕がある場所はもちろん余裕がない場所にも気軽に取り入れることができることです。スペースに影響することなく、空間をオシャレにしたり、収納不足を解消できるのです。

我が家の新居にも有効に使える壁を利用してニッチを設けてもらいました。数か所に設けたニッチですが、中でも一番のお気に入りはLDKの中心部分に設けられた大きさのあるニッチです。ここはリモコンニッチ兼飾り棚のニッチです。リビングには照明スイッチをはじめ、給湯スイッチや太陽光モニター、インターホンモニターなどを壁に取り付けるものが多いです。壁に取り付けるとごちゃごちゃした印象になりますし、どこか生活感を感じさせてしまいます。これらをニッチ内に設置したことで、壁がスッキリとして生活感を払拭できています。

飾り棚部分にはお気に入りの雑貨を並べリビングを華やかにしています。他にもキッチン部分に設けている腰壁に調味料入れのニッチを設けたり、ダイニング側にはマガジンラックのニッチを設けています。トイレには縦長のニッチ収納を設けています。トイレットペーパーやサニタリー用品、掃除用具などをしまうには最適の収納です。広さに限りのあるトイレですが、壁厚を利用したことで圧迫感を与えることなく、必要な物をきちんと収納することができています。有効に利用できる壁を活用しニッチをできるだけ設けるべきだと思います。外壁面は断熱材が入るので設けることができませんが、有効に利用できる壁を無駄にしないようにしましょう。

This entry was posted on 月曜日, 6月 19th, 2017 at 2:00 PM and is filed under 家づくり. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.