広々洗面室

洗面室は家族の使用頻度が高い空間です。洗濯機を設置する家庭も多く、家事を行う場でもあるため家事のしやすさも求められます。洗面室では、洗顔や手洗い、ヘアセットにお化粧など身だしなみを整えたり、洗濯をしたり、入浴の前後で脱衣室としても利用します。今までは1坪が一般的と言われていた洗面室ですが、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多いです。

広さに余裕のある洗面室を設けることで、大きさのある洗面台を設けることができます。大きさのある洗面台があれば、朝の身支度で追われる時間帯でも家族が同時に2人並んで歯磨きやヘアセットなど行うことができ便利です。ダブルボウルにしておくとより便利さが増すことでしょう。特に女の子の多い家庭では朝の身支度をよりスムーズに行えるようにこのような洗面台にしておくといいのです。

いろいろな用途で使用される洗面室では、収納しておきたいものも多いです。必要なものがきちんと収納できるスペースを確保しておくことも忘れてはいけません。天井まで広がる洗面クローゼットを設けて、タオル類をはじめ家族の下着やパジャマ、シャンプーやソープなどのストック品、洗剤やハンガーなど洗濯関連用品などを一か所で管理できる収納スペースがあると便利です。

これらが目に触れると生活感を感じさせるのでしっかりと扉を設けて隠して収納できるようにしておくといいと思います。スペースに影響しない壁厚を利用したニッチ収納を設けて、壁の厚みさえも無駄にせず上手に収納スペースを確保するのもいいでしょう。また、室内物干しも完備しておけば悪天候時や夜洗濯を行う場合も干し場に困らず、また効率よく洗濯を行えるのです。暮らしやすさのポイント洗面室と言っても過言ではないのかもしれません。

This entry was posted on 火曜日, 4月 11th, 2017 at 5:10 PM and is filed under 家づくり. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.