平屋住宅

暮らしやすさを考えると平屋住宅が一番だと思います。私は以前から平屋住宅に憧れを抱いていました。しかし、平屋住宅だと満足のいく広さの家を実現させるにはある程度の土地の広さが必要になってきます。部屋数や収納を確保しようとすると、どんどん面積が大きくなり予算も膨らんでしまうのです。

また、近隣住宅が密集している場所に平屋住宅を建てると日差しや風通しが悪くなってしまうこともあるのです。最近では平屋住宅を見る機会も少なくなってきましたが、平屋住宅に魅力を感じる人も増えてきていると言います。平屋住宅の最大の魅力は、安全性の高い住まいになることです。住宅内の事故で多いのが、階段での転倒や落下事故です。平屋住宅はこのような事故のない安全性の高い住宅と言えるのです。

また、階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。家造りにおいてこのデッドスペースをどのように活用させるかは一つのポイントでもあります。平屋住宅は階段がないので、デッドスペースを生むことなく空間を最大限に有効活用できる家となるのです。

そして部屋から部屋への移動が楽であることが暮らしやすさに大きく関わってくるのです。住宅内の動線がコンパクトであれば、無駄な動きも少なく部屋から部屋への移動がしやすくなります。家族がそれぞれ別々の空間で過ごしていても、互いの存在を身近に感じられることで家族の繋がりも感じられます。また庭との距離も近いため庭で過ごす時間も大切にできるのです。平屋住宅の魅力を改めて感じることができました。

This entry was posted on 水曜日, 9月 28th, 2016 at 1:44 PM and is filed under 家づくり. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.